ローンが残っている場合は車売却できる?残債があっても売る方法は?

ローン返済中の車でも売却することは可能です。車のローンの残債のあるなしに関係なく、買い取り査定をしてもらえばその日のうちに中古車を現金に換えることもできるのです。

ただ、ローンのために売却が難しいと思っていたり、手続きが複雑だというイメージを持つ人もいるようです。

ここでは、ローンが残っている車でも売却ができること、さらに、有利に売却するためのポイントをご紹介します。

ローンの支払いが残っていても車は売却できる

車の売却は、ローンを支払いしている車の名義次第で、とるべき方法が変わってきます。

車の所有権は自動車車検証(車検証)で確認できます。「所有者の氏名または名称」の欄が誰の名前になっているか確かめましょう。

一般的に車の所有者は、本人または家族の場合と、ローン会社やディーラー・クレジット会社の場合の2通りがあります。

車の売買でポイントとなるのが所有権です。車の売買は法律で所有権を明確にするべきと決められています。自分が購入した車であっても、車検証の所有者欄に名前が載っていなければ、自由に売却することはできないのです。

ここからは、車の所有者別に売却するときの流れをご紹介します。

本人または家族名義の場合

車検証で確認した所有者が本人または家族名義であれば、基本的にスムーズな売却ができます。

ここでいう本人とは自分自身のこと、家族とは住民票の住所地が同じで同居している夫や親、子をイメージしてみましょう。

本人の名義であれば自分の意思で車を売却することを決めることができます。

ただし、所有者欄が家族名義になっている場合は夫婦や親子であっても売却に同意を得る必要があります。

また、名義となっている家族以外の人が売却の手続きをするときは、委任状や本人確認書類など本人がするのと比べて用意すべき必要書類が増えるものです。

たとえ自分や家族の名義であってもローンの支払いを続けている車の売却で一番気をつけなければならない場合があります。

それは、銀行やローン会社のマイカーローンには、商品によって返済中の車の売却を禁止しているものがある点です。

車検証の所有者欄が自分や家族の名前になっていても、念のため契約している金融機関の窓口に問い合わせておきましょう。

ローン会社・ディーラー・クレジット会社名義の場合

自動車車検証(車検証)の所有者欄がローン会社やディーラー、クレジット会社になっている場合は本人や家族名義のときよりも注意点が多く出てきます。

車検証には所有権者を示す所有者欄と、車を乗ることができる使用者の欄があります。

たとえば、もし現金で一括購入した車なら、通常所有者も使用者も同じ名義人です。

しかし、マイカーローンのような割賦契約を組んで車を手に入れた場合、ローンを組んだ購入先のディーラーや中古車販売店が所有者になっています。

実は、ローンで車を購入してもすぐに自分の車として所有権を持てるわけではありません。

ローンの残債がある限り、自分の車を運転していても法律的な所有者はローン会社やディーラー側にあります。

通常、車の所有権はローンを完済して初めて自分に移るからです。

全額の支払いが終わるまでは車を借りているようなイメージです。

しかし、完済後まで車が売却できないのは不便なことです。

そこで所有権を持っていないローン返済中の車を売却する際は

(1)所有権をローン会社やディーラーから自分の名義に変更する
(2)車を売却して得た代金で残りのローンを返済する

の流れが一般的です。

特に注意が必要なのは、(1)の所有権の変更です。

車の所有者がローン会社やディーラーの場合、一度現在のローン契約をリセットして自分の名義に変更しない限り、売却ができません。

所有者が名義を変える手続きのことを法律用語で「所有権留保の解除」と呼びます。

所有権留保の解除が全て終われば、車の売却時に必要な印鑑証明書、委任状、そして譲渡証をローン会社やディーラーから受け取ることができます。

ただし、ローンの残債がある車の場合、ローンの残債額と売却して手に入った金額との関係によっては、車を売却してもローンの返済が残ったり、不足分を自分で穴埋めしてローン契約を終了させるなど、注意すべきポイントが生まれます。

ローンの残債がある車を売却する場合のポイントについては次で詳しくご説明します。

ローン残債がある車を売る方法

ここまでローンを返済中の車を売却したいときには、所有者の名義が重要になって、場合によっては名義変更や今のローンの返済をしなければならなくなることをお伝えしました。

ローンで購入した車を手放したいときネックになるのが、ローン残高です。

大切なマイカーを売ってまとまった代金を手にしたとしても、残債を返済しなければならないからです。

もし、売却代金より残債が上回ってしまうと、貯蓄を切り崩したり、新たにローンを組み直す必要も出てきます。

ここでポイントなのは、売却代金とローン残高のどちらが高くなるかにあります。実際には2つのケースが考えられます。

ローン残高 < 売却価格の場合

例)
車の売却価格 100万円 ー ローン残高 30万円=手元に残るお金 70万円

車の売却価格がローン残高を上回れば、売却代金でローンの残債を支払うことができます。

上記の例のように、ローン残高を車の売却価格から差し引いた金額が手元に残ります。

つまり、車の売却価格が高く、ローン残高が少ないほど売却した際の利益は大きくなります。

したがって、仮に売却代金とローン残債が同額なら手元に残るお金は0円になってしまいます。

ローン残高 > 売却価格の場合

売却価格よりローンの残債のほうが上回る場合が問題です。

例)
車の売却価格 100万円 ー ローン残高 150万円=不足する金額 - 50万円

上記のように、売却代金をローン返済に充ててもまだ50万円足りないようなケースでは、ローンを精算できないためそのまま車の売却ができない状態です。

これは、今契約中のマイカーローンを完済しなければ、車の売却に必要な所有者を自分名義に変更できないからです。

では、ローンが残ってしまう場合はどのようにすれば車を売却できるのでしょうか。

主に3つの方法が考えられます。

1.貯蓄から現金で一括返済する

売却代金に、手持ちの現金を加えて完済する方法です。

差し引き金額が数万円のように不足額が少なければ貯蓄から支払ってローン残高をゼロにできます。

ただ、不足金額が10万円単位や100万円単位となる場合は一括で返済するのは難しくなることもあります。

2.銀行などで不足分を借りる

不足する金額を銀行や信用金庫といった金融機関から借り入れる方法です。

しかし、金融機関の融資は使用用途が限られている場合が多いため、マイカーローンで申し込むことは難しくなっています。

銀行やローン会社が取り扱っているカードローンなら使い途自由のため残債の返済にも利用できますが、保証人や担保の設定がないぶん金利が割高なのがネックです。

3.新車のローンに上乗せしてもらう

車を売却するとき、合わせて新車を購入することがほとんどです。

そこで残債分を新しく購入する新車や中古車購入で契約するマイカーローンに含めてもらう方法があります。

これならいますぐ現金が用意できない人や金融機関からの借り入れに二の足を踏んでいる人でも簡単にいまある車のローンを完済してスムーズに売却が可能です。

まとめ

この記事ではローンが残っていても車を売却することができるかどうかをご紹介してきました。

・ローンの支払いが残っていても車の売却は可能
・車検証の所有者をチェック
・本人または家族名義なら売却はスムーズ
・ローン会社やディーラーが所有している場合は「所有権留保の解除」手続きが必要
・所有権が自分に移って初めて車は売却できる
・ローン残債が車の売却価格を上回っても手持ちの現金や新たなローンで解決可能

残債のある車でも売却は可能です。ぜひ信頼できるお店で査定を受けて、有利な売却をしてください。