【自動車保険】補償の重複に注意 1台につければ複数台・家族全員カバーされる「保険・特約」3つ

自動車の任意保険は、 ・ 対人賠償保険 ・ 対物賠償保険 ・ 自分のケガ、後遺症、死亡の補償 ・ 車の補償 などをセットで申し込む人が多いでしょう。 その中には、複数台所有しているご家庭でも、どれか1台の保険に付けておけば、「記名被保険者(契約車両を主に使用する者)」と「同居の家族(別居の未婚の子を含む)」が補償される保険や特約があるのです。 それにもかかわらず、お客様からお申し出がないのをいいことに、複数台に保険が付けられている場合があります。 ここではそうした保険や特約を3つ紹介し、皆さんに注意喚起したいと思います。 目次 1. 人身傷害保険 2. 弁護士費用特約 もらい事故の場合 相手方との交渉が進まない場合 補償額 3. 個人賠償責任特約 重複があればいつでも変更可 1. 人身傷害保険 人身傷害保険は、自分や同乗者の事故によるケガの治療費のみならず、働けない間の収入や精神的損害、後遺障害や死亡を補償する保険です。 事故の責任割合に関係なく、また示談前であっても実際にかかった損害額が支払われます。 重複に気を付けなければならないのは、補償対象となる事故の範囲です。 人身傷害保険では、事故を次のように区分します。 …

Read More

「弁護士費用保険」「機種変も影響なしのモバイル保険」などいざという時に役立つ「珍しい損害保険」

世の中にはさまざまな保険があります。 筆者もこれまでいろいろなライフステージにおいて保険の加入を検討したり、実際に加入もしてきました。 実は、普通の保険とは違った意外なものにかける保険があるということをご存じでしょうか。 この記事では、いざという時に役立ちそうな、ちょっと珍しい保険を集めてみました。 目次 「モノ」にもかけられる保険「損害保険」 もしもの時に役立つかもしれない保険 ドローン保険 弁護士費用保険 スマホ保険またはモバイル保険 番外編:お遍路さんの保険 もしかしたら保険が存在するかも 「モノ」にもかけられる保険「損害保険」 多くの人が「保険」と聞いて思い浮かぶのは「生命保険」や「医療保険」などではないでしょうか。 これらは人を対象にした保険の一部ですが、それ以外にも「損害保険」というジャンルの保険があります。 簡単にいえば、「モノ」にもかけられる「対物(たいぶつ)賠償」も可能な保険ということです。 例を挙げると「自動車保険」、「火災保険」などがあり、相手にケガを負わせてしまった場合の補償「個人賠償責任補償」に加えて、自動車や家の破損にも保険をかけることができます。 遠い昔、筆者が学生の頃には、テニスを本格的にやっており「テニス保険」に入っていました。 自分がプレー中にケガをしてしまったり、他人にボールをぶつけるなどでケガを負わせてしまった場合の補償やテニスラケットの破損を補償してくれるものでした。 このように、スポーツ活動にかける保険「スポーツ保険」もちょっと珍しい部類に入る保険でしょう。 保険でカバーできる内容は、対人のみ、または対物までなど保険ごとに特約のような形でカスタマイズできます。 「個人賠償責任補償」を最も重要な保険内容として盛り込み、「対物賠償」は補足的な要素で組み込まれる場合が多いようです。 直近では、2020年4月1日より、東京都で導入された「自転車保険の加入義務化」というものがあります。 他の都道府県でもすでに義務化されているところもあります。 このように、意外と身近なところに「損害保険」があることがわかります。 もしもの時に役立つかもしれない保険 そうした保険の仕組みをふまえて、筆者が最近調べた中で「役に立つかも」と思った保険を紹介します。 ドローン保険 近年では、ドローンを趣味で所持する方がいたり、撮影のために導入する企業が増えたりと、ドローンがさまざまな用途で活躍しています。 万が一、落下などで器物・公共物を破損した場合や第3者との衝突のリスク、さらには誤って空撮した映像・画像にプライバシーを含むものが映り込んでしまいプライバシーの侵害で訴えられた場合などのための補償してくれます。 …

Read More

生命保険で資金調達「契約者貸付制度」 メリットと借りたあとの注意点

新型コロナウイルスの影響で、資金繰りに影響が出ているご家庭が増えています。 一時的な融資としては、公的な助成金制度やキャッシングなどが考えられますが、審査があったり、金利が高かったりと、利用をためらう方も多いようです。 終身保険や養老保険などに加入している方の場合は、「契約者貸付」という制度を利用する、という方法があります。 契約者貸付には、 ・ 審査・保証人不要 ・ 借りるのも返すのもあまり手間がかからない ・ 現在は金利が0% といったメリットがあります。 今回は、保険会社の「契約者貸付制度」について解説します。 目次 契約者貸付とは 契約者貸付のメリット メリット1. 審査不要 メリット2. 今は金利が0% メリット3. 返済手段が豊富 メリット4. 保険契約は継続できる 注意点 注意1. 返済しないと保険が失効する 注意2. 借入金が保険金と相殺される 利用は計画的に 契約者貸付とは …

Read More

自動車保険をセルフチェックで見直して節約 ポイントや注意点を解説

内容をしっかりと確認して加入、更新しているのが自動車保険です。 自動車保険は、自動車の維持費の中でも高額のため、少しでもスリム化したいと考えます。 しかし、生命保険や火災保険と違い長くて3年、通常なら1年での更新となります。 そのため、補償内容や条件に変わりがないと自己判断してしまい、補償の重複などを見逃している場合があります。 今回は、自分でもできる自動車保険の見直しについて紹介していきます。 目次 自動車保険は自動車だけの補償ではない 傷害保険の重複をチェック 車両保険の免責をチェック 実際に扱った事例 免責金額による保険料の差 他にも重複しやすい特約がある 自動車保険のセルフチェックで節約につなげる 自動車保険は自動車だけの補償ではない 自動車保険は、大きく分けて3種類の保険から成り立っています。 ・ 損害賠償保険:対人賠償、対物賠償 ・ 傷害保険:人身傷害、搭乗者傷害 ・ 車両保険 自動車保険といえば、「自動車のための保険」という認識の人がいますが、実は賠償保険や傷害保険もセットされているのです。 それでは、これらの補償の中で確認すべき点について紹介していきます。 傷害保険の重複をチェック 傷害保険の中にある「人身傷害保険」には、契約車に乗っていない時に自動車事故に遭ってしまった場合でも補償の対象になるタイプがあります。 契約者や同居の親族が家族複数台の自動車を保有している場合、どれか1台に「搭乗中以外も対象になるタイプを契約」しておけば、他の車の自動車保険は搭乗中のみの補償でもカバーできます。 保険の内容や等級などの要因から保険料に多少の差はありますが、2,000円〜4,000円が平均的な金額です。 この補償を重複してかけていても無駄になってしまうので、車を複数台所有している人は、1台のみ契約すると節約につながります。 車両保険の免責をチェック 車両保険は、免責金額を設定することが可能です。 …

Read More

「純保険料が保険の原価」「付加保険料は安いほど良い」は本当か 生命保険会社がもうかる仕組みも解説

生命保険の保険料は、「純保険料」と「付加保険料」に分かれています。 純保険料と付加保険料の内訳を開示している保険会社もあり、なんとなく名前を聞いたことがある人もいるでしょう。 「純保険料が保険の原価」 「付加保険料は安いほど良い」 と考える人もいますが、本当にそうなのでしょうか。 そこで今回は、純保険料と付加保険料の仕組みだけでなく、生命保険会社が利益を得る仕組みについても、解説していきます。 目次 純保険料とは 予定死亡率 予定利率 付加保険料 予定事業費率 純保険料は生命保険の原価ではない 一般の商品とは売値を設定する仕組みが異なる 付加保険料が安いほど良いとは限らない 純保険料とは 純保険料とは、保険料のうち、将来の保険金を支払う財源としている部分です。 以下のように、「死亡保険料」と「生存保険料」に分かれています。 ・ 死亡保険料:死亡保険金を支払うための財源となる部分 ・ 生存保険料:満期保険金を支払うための財源となる部分 また純保険料は、予定死亡率や予定利率によって計算される仕組みです。 予定死亡率 予定死亡率は、簡単にいうと年間でどれだけの人が亡くなるかを予測し、保険料を計算するときに用いる指標です。 つまり保険会社は、年間でどれだけの人が亡くなり、いくらの保険金を支払うかを予測したうえで、保険料を決めています。 この予定死亡率に対する「利益」と「損失」のことを、 ・ 死差益(危険差益):予定死亡率を元に予測した死亡者数よりも、実際の死亡者が少なかった場合に発生する利益 ・ …

Read More

アフターコロナで「保険の見直し」考えるべき4つのポイント

多くの地域で緊急事態宣言が解除され、日本もいよいよ経済活動再開に向けた動きが本格化しようとしています。 しかし、今後、特別定額給付金等によってある程度の生活を維持できたとしても、以前と同様の収入を回復するのは難しいかもしれません。 これまでは一定の収入あるいは逓増する収入をベースにライフプランを検討することが一般的でしたが、収入減を見込んだライフプランの再検討が必要となるかもしれません。 そこで、アフターコロナを見据えたうえで4つのポイントに着目して保険の見直しを検討してみましょう。 目次 1. 将来的な収入見込み額の減少 2. 健康状態 3. 家族関係 4. 手元資金確保の必要性 1. 将来的な収入見込み額の減少 公務員でもなければ、私たちの収入は絶対とはいえません。 昨年までと比べてより不安定になってしまったことは否定できないはずです。 場合によっては保険料支払いを減らし、住宅ローン支払いが滞った場合の原資として残しておく方法も考えられます。 将来の不安に備えるための保険ですが、そのために数か月後、数年後の家計負担を招いてしまっては本末転倒です。 もちろん、自動振替貸付として契約を継続しておく方法も考えられます。 ただし、今支払わなかった保険料は、後で利息を付けて支払い直さなければなりません。 「数か月後には必ず保険料を支払うことができる」という自信がないのであれば、「早々に解約して解約返戻金を受け取ってしまった方がよかった」という事態も想定されます。 2. 健康状態 保険を解約してしまうと保障がなくなってしまいます。 健康状態に不安のある人は、自動振替貸付等を利用して契約を維持した方がよいと考えられます。 貯金を切り崩してでも契約を続けた方がよいという場合もあるのです。 ただし、今回の新型コロナウイルスによる肺炎発症に関しては、糖尿病等、基礎疾患の有無の影響が大きいとも言われています。 自粛生活によってまったく新型コロナウイルスに近寄らなかったという人もいるかもしれませんが、私たちはある程度の感染リスクにさらされていたと考えてもおかしくないはずです。 感染リスクにさらされていたなかでも生き残ることができた私たちは、健康状態にある程度の自信をもつことができるかもしれません。 …

Read More

【東京都は加入義務化】自転車保険は「既存の加入保険の特約」で対応可能?「確認のポイント」を解説

2020年4月1日より、東京都で「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が改正・施行され、自転車保険の加入が義務化されました。 東京だけではなく、全国各地の自治体で自転車保険加入を義務化する地域が増えています。 中学校・高校のなかには校則で「自転車通学には自転車保険等に加入すること」と定める動きも出てきました。 しかし、慌てて自転車保険を探して申し込む前に、既存の保険や共済の見直しで「自転車保険に契約しなくても大丈夫だった」と気付き、保険料の節約につなげられる人もいます。 ポイントを詳しく解説します。 目次 なぜ自転車保険への加入義務があるのか 自転車事故の賠償金額はどのくらいなのか 自転車専用保険とはどのような保険なのか 既存の保険でも自転車事故はカバーできる 個人賠償責任保険は補償範囲・金額をチェックする 未成年の自己は保護者の監督責任 なぜ自転車保険への加入義務があるのか 自転車保険加入の義務化は、2017年5月より施行された「自転車活用推進法」から始まりました。 この法律の附則で「自転車の運行により人の生命等が害された場合の損害賠償保障制度」の検討が定められており、国が自治体に対して条例等で自転車保険などへの加入義務付けを要望したことから起きた流れです。 将来的には、ほぼ全国の自治体に自転車保険加入の義務化は波及すると思われます。 自転車事故の賠償金額はどのくらいなのか 「自転車の事故ならたいした怪我にはならないだろうから、高額な補償は必要ないのでは?」 と考える人もいることでしょう。 筆者は学生時代に自転車通学をしていましたが、雨の日に自転車が滑って転倒し、吹っ飛んだ自転車が歩行者にあたって怪我をさせてしまったことがあります。 事故による怪我は基本的に健康保険が使えないため、治療費の10割を加害者側が支払うことになります。 幸い親が加入していた賠償責任保険が使えましたが、保険がなかったらかなりの出費になっていました。 近年では自転車と歩行者の交通事故が増加傾向にあり、高額な賠償金を支払うケースも増えています。 2013年に小学生が自転車で歩行者に衝突して被害者が意識不明の寝たきりとなった事故では、小学生の保護者に対して約9,500万円という高額賠償を裁判所が命じています。 ≪画像元:東京都民安全推進本部「自転車利用者向けチラシ(pdf)」≫ 自転車専用保険とはどのような保険なのか 自転車の保険として真っ先に思い浮かぶのが「自転車専用保険」です。 主に損害保険会社が設定している保険で、次のような事故をカバーしてくれます。 ・ 自転車通行中に歩行者とぶつかって怪我をさせたとき …

Read More

車の買い取りと下取りの違いは?お得なのはどっち?

愛車を売却しようという際よく耳にするのは、「買い取り」と「下取り」という言葉です。 2つの言葉の違いがよく分かっておらず、よりお得に車を売る方法はないかと悩む方も多いのではないでしょうか。 ここでは、車の買い取りと下取りの違い、車を売却する際に気をつけるべきポイントなどについて詳しく説明します。 車の買い取りと下取りの違いは? 車の買い取りと下取りは同じ「車を手放す行為」ではありますが、大きな違いがあります。 車を手放す際、「車を売るための店」と交渉するのが「車の買い取り」をする行為です。 反対に、「車を買うための店」と交渉するのが「車の下取り」をする行為なのです。 ここではまず、車の買い取りと下取りの違いや、それぞれのメリット・デメリットを確かめていきます。 車の下取りとは? 車の下取りというのは、車を購入したいというお店(ディーラー)にそれまで使っていた車を引き取ってもらうことです。 新しく車を購入する代わりに、そのディーラーに車を売るわけですから、車を同時に入れ替えるとイメージすれば分かりやすいかもしれません。 車の売却で得た利益は、新しい車の購入資金に充当するので、お店側と現金でやり取りすることはありません。 下取りのメリット・デメリット では、下取りに出した際に考えられるメリット・デメリットを見てみましょう。 下取りのメリット 下取りのメリットのひとつは、車の売買にかかわるお店が同じなので、車を入れ替える際に発生する手間が省けることにあります。 車を買うのも売るのも同じ店、対応するのも同じスタッフだと、交渉や書類の受け渡しなどが一本化されます。 新しく買う車に関して商談している合間に車の査定をしてもらえれば、買い替えをスムーズに終えられるため、時間のロスがありません。 また、新車の見積もりに査定額が記され、値引き額に上乗せされるので、書類を管理の上でもメリットが生じます。 新車の値引きが難しい場合でも、下取りした価格分を補填してくれる場合があるので、それもメリットのひとつと考えていいでしょう。 新しく車を購入するディーラーと長年の付き合いがある場合は、営業マンも「顧客の信頼を裏切りたくない」「今後も長期的にお付き合いしたい」と考えるため、中途半端な数字を出すこともないでしょう。 さらに、新しい車が納品されるまでは今まで使っていた車に乗ることができ、納品されてから引き取ってもらえるのもメリット。 複数の車を管理する必要もなく、一時的に車がないという状況に陥ることもありません。 下取りのデメリット 車を下取りしてもらう際のデメリットは、買い取りと比較すると、査定額が低くなりがちな点にあります。 たとえ人気車種であったり、人気の装備があったりしても、下取り価格が上乗せされることはないと考えられます。 また、買い取り店での査定額より下取り価格が低くても、お店側が買い取り価格に下取り価格を合わせてくれることはないでしょう。 さらに、下取り価格を出すことで新車の値引き額があいまいになり、最終的にはさほど得にならなかったというケースも考えられます。 また、下取り価格は自動的に、次に購入する車の支払いへと充てられます。 下取りに出すと自分の意志で使える現金にならないというのも、デメリットのひとつと言っていいでしょう。 …

Read More

車買取相場表って?車の買取相場を調べる方法は?

愛車を買い取りに出す場合、査定にどのような要素が影響してくるのでしょうか。 また、車メーカーなどが公開している車買取相場表を活用すれば、本当に自分の車の買い取り価格が分かるのでしょうか? ここでは車買取相場表や買い取り相場が決まる要素について詳しく解説します。 車買取相場表とは? 実はトヨタや日産などの有名自動車メーカーは、ホームページなどで車買取相場表を公開しています。 査定表の見方や価格がどのような要因で変動しているのかを確かめましょう。 車種によって相場が変動する 実際に車の査定を依頼してしまうと、すぐに愛車を手放さなければならないような気がして不安になる人もいるかもしれません。 そんなときに匿名でおおよその車の買い取り価格を調べる方法があれば便利なものです。 車買取査定表は国内主要9メーカーの車種、年式、グレードを入れるだけで下取り参考価格のデータが確認できる便利なサイトです。 ただし、一部の車種は情報が登録されていません。 また、実際に車を査定してもらう際は車種やグレードをはじめ、いろいろな要素で価格相場が変動するため、参考価格の通りに買い取りしてもらえるとは限りません。 需要があるタイミングによっても変動する 中古車に限らず、車は年度末の3月とボーナス後の9月によく売れる傾向があります。 そのため、車の販売店側からすると、2月から3月、8月から10月くらいの間に多めに在庫を持っておけば販売機会を逃しにくくなります。 そのため、同じ車を売るのであればこの時期を狙うのがおすすめだと言えるでしょう。 逆に12月と4月は車をほしがる人がいったん減り、車が売れるまでに在庫を長く抱えるリスクがあるので買い取り相場が下がる傾向があります。 このように査定額は時期によっても変動するため、車買取相場表の情報は参考にしかならないのです。 車買取相場が決まる要素は? 車の買取金額は査定表をもとに決めますが、実際に車を査定する際にはどのような点を価格に反映させるのでしょうか。 モデル年式 同じ車種でも、モデルや年式が新しいものほど高く買い取りをしてもらえます。 先代モデル、先々代モデルとなると、段階的に中古車市場での価値が下がってしまいます。 そこで車を乗り換える予定があれば、できるだけ現行モデルのうちに買い取ってもらうのがおすすめ。 一般的には新車から3年くらいまでの中古車に人気が集中しています。 価格は何円ずつ下がる、という考え方ではなく一定の割合で下がっていくものです。 割合で下がるということは購入時の価格が高い車ほど、値下がりの割合が大きいということ。 高級車を中古車に出す場合は思った以上に高い査定が出ない可能性があるので気を付けましょう。 走行距離 かつては走行距離が10万キロを超えると買い取り価格がほとんどつかないと言われることがありましたが、昨今車の性能も上がっており、一概にそうとも言い切れません。 …

Read More