見積もり後 車売却時に必要書類は?見当たらない場合はどうする?

車を売却するための手続きにはいくつもの書類が必要。それを集めない限りは車を売却することができません。 ここでは、車を売却しようというときに必要な書類の数々を挙げると同時に、その書類のありかがわからないという方に向けて、対処方法をお伝えしていきます。 車の査定見積もり後に揃えたい「車売却時に必要な書類」 車の売却を検討したとき、まずは、売却額の査定見積もりを受けます。 この際必要になるのは、「車検証」と「自賠責保険証書」だけ。 これらは通常、車内に保管されていなければならないものです。 ここで改めて用意しなければならないものではありません。 しかし、これら2つの書類を提出して査定見積もりを受け、納得できる金額が提示されれば、いよいよ具体的な売却の手続きをとります。 売却する前には、車検証、リサイクル券、自動車税納税証明書、委任状、譲渡証明書、実印、印鑑証明書、自賠責保険証をそろえましょう。 車検証に記された住所と印鑑証明書に記された住所が異なる場合には、これに加えて、住民票も必要です。 ここではこれらの書類がどのようなもので、売却の手続きになぜ必要になるのかを詳しく見ていきましょう。 車検証 自動車検査証(車検証)というのは、この自動車の所有者を明示し、車の仕様を証明するものです。 この自動車検査証がなければ、車を売却することは不可能です。 そもそも、自動車検査証は、車の中に常に保管しておくことが道路運送車両法で定められています。 日ごろ意識していないかもしれませんが、多くの場合、助手席前のグローブボックスに入れられているはず。 もし車のあちこちを探しても見つからないということであれば、運輸支局で再交付を受けることもできます。 リサイクル券 自動車リサイクル券とは、自動車リサイクル料金を預けてことを証明するためのもの。リサイクル法によって定められており、車検を受ける際に必要です。 こちらは、車検証入れに一緒に保管されている場合が多いです。 紛失してしまったときは、自動車リサイクルシステムのサイトでリサイクル券の預託証明書をプリントアウトすると、リサイクル券の代替として使うことができます。 自動車税納税証明書 自動車税を納めた際に領収書代わりにもらう証明書のことです。 自動車を売却する際は、最新の自動車税納税証明書を用意しましょう。 紛失してしまった場合は、都道府県の税事務所(普通車)、もしくは市町村役所(軽自動車)で再発行してもらわなければいけません。 万が一、自動車税を納めていないのであれば、未納分を納める必要があります。 委任状 車を売却する際、車の名義を変更する必要があります。 委任状は、名義変更の手続きに必要な書類です。 名義変更手続きを店舗(買い取り店もしくはディーラー)に任せるという内容を示すもので、用紙は店舗に用意してもらうことができます。 …

Read More

ローンが残っている場合は車売却できる?残債があっても売る方法は?

ローン返済中の車でも売却することは可能です。車のローンの残債のあるなしに関係なく、買い取り査定をしてもらえばその日のうちに中古車を現金に換えることもできるのです。 ただ、ローンのために売却が難しいと思っていたり、手続きが複雑だというイメージを持つ人もいるようです。 ここでは、ローンが残っている車でも売却ができること、さらに、有利に売却するためのポイントをご紹介します。 ローンの支払いが残っていても車は売却できる 車の売却は、ローンを支払いしている車の名義次第で、とるべき方法が変わってきます。 車の所有権は自動車車検証(車検証)で確認できます。「所有者の氏名または名称」の欄が誰の名前になっているか確かめましょう。 一般的に車の所有者は、本人または家族の場合と、ローン会社やディーラー・クレジット会社の場合の2通りがあります。 車の売買でポイントとなるのが所有権です。車の売買は法律で所有権を明確にするべきと決められています。自分が購入した車であっても、車検証の所有者欄に名前が載っていなければ、自由に売却することはできないのです。 ここからは、車の所有者別に売却するときの流れをご紹介します。 本人または家族名義の場合 車検証で確認した所有者が本人または家族名義であれば、基本的にスムーズな売却ができます。 ここでいう本人とは自分自身のこと、家族とは住民票の住所地が同じで同居している夫や親、子をイメージしてみましょう。 本人の名義であれば自分の意思で車を売却することを決めることができます。 ただし、所有者欄が家族名義になっている場合は夫婦や親子であっても売却に同意を得る必要があります。 また、名義となっている家族以外の人が売却の手続きをするときは、委任状や本人確認書類など本人がするのと比べて用意すべき必要書類が増えるものです。 たとえ自分や家族の名義であってもローンの支払いを続けている車の売却で一番気をつけなければならない場合があります。 それは、銀行やローン会社のマイカーローンには、商品によって返済中の車の売却を禁止しているものがある点です。 車検証の所有者欄が自分や家族の名前になっていても、念のため契約している金融機関の窓口に問い合わせておきましょう。 ローン会社・ディーラー・クレジット会社名義の場合 自動車車検証(車検証)の所有者欄がローン会社やディーラー、クレジット会社になっている場合は本人や家族名義のときよりも注意点が多く出てきます。 車検証には所有権者を示す所有者欄と、車を乗ることができる使用者の欄があります。 たとえば、もし現金で一括購入した車なら、通常所有者も使用者も同じ名義人です。 しかし、マイカーローンのような割賦契約を組んで車を手に入れた場合、ローンを組んだ購入先のディーラーや中古車販売店が所有者になっています。 実は、ローンで車を購入してもすぐに自分の車として所有権を持てるわけではありません。 ローンの残債がある限り、自分の車を運転していても法律的な所有者はローン会社やディーラー側にあります。 通常、車の所有権はローンを完済して初めて自分に移るからです。 全額の支払いが終わるまでは車を借りているようなイメージです。 しかし、完済後まで車が売却できないのは不便なことです。 そこで所有権を持っていないローン返済中の車を売却する際は (1)所有権をローン会社やディーラーから自分の名義に変更する(2)車を売却して得た代金で残りのローンを返済する …

Read More

トヨタ・プリウスの任意保険料金はいくら?高い?安い?年代別の相場紹介

トヨタ プリウスの年齢別保険料 トヨタプリウスの任意保険料は年代によって異なります。 基本的には免許取り立ての20代は保険料が高く、年齢が高くなるにしたがって安くなります。 最も安くなるのは40代から50代にかけてです。それ以降は60代、70代と年齢が上がるごとに高くなっていきます。 なぜ年齢によって任意保険料が変わってくるのかと言うと、年齢別に事故率が変わってくるからです。 つまり事故を起こしやすい若い人と高齢者は任意保険料が高くなる傾向があり、事故率が低い40代や50代は逆に安くなるというわけです。 また、無事故を続けると等級が下がり保険料も安くなります。その意味でも任意保険に加入したばかりの若い人の保険料は高くなってしまうのです。 スポンサーリンク トヨタ プリウスの保険料と保険会社 基本的にプリウスだからといって極端に任意保険料が高くなったり、あるいは安くなったりするということはありませんが、ハイブリッドカーの特性としてスピードを控え安全運転する人が多いので、スポーツカーなどと比べれば安くなる傾向はあります。 ただ保険会社によってかなり保険料は変わってきますので、少しでも安くしたいと考えている人は複数の保険会社を比較してみることが大切です。 自動車保険の一括比較サイトを利用すると複数の保険会社から一斉に見積もりが届きます。 それを見れば1~2万円程度の差が出ることがわかることでしょう。 保険内容によっても大きく保険料は変わるので注意が必要ですが、比較サイトの見積もりは保険選びの参考になります。 スポンサーリンク トヨタ プリウスの特徴 トヨタプリウスは言わずと知れたハイブリッドカーの草分け的存在で、世界初の量産型ハイブリッドカーになります。 世界80か国以上で販売されており、海外では単に燃費が良くて経済的というだけでなく、エコ意識が高い人が乗る車というイメージも定着しているようです。 お金持ちのセレブがプリウスを選ぶことが多いのもそれが理由のようです。 プリウスに乗る人の多くは燃費を意識して走行するので、スピードを出し過ぎることが少ない傾向があります。 それは安全運転にも当然つながり、結果的に事故率の低下に貢献しています。 販売台数が非常に多いので日本全国至る所で見かけます。 中古車市場でも他車に比べるとゼロが一つ多いほど台数が揃っています。 トヨタ プリウスに必須の保険とは トヨタプリウスを購入した際に、自賠責保険と共に任意保険にもほとんどの方が加入していることでしょう。 保険内容に関して迷うのは車両保険です。車両保険に加入するかしないかで3万~4万円前後保険料が変わってくるからです。 …

Read More